会社概要

img

社名 全国保育サービス協会 正会員
(有)アリスチャイルドケアサービス
和久洋三のわくわく創造アトリエ
童具専門店・わくわくショップ
※絵本コーナーもあります
住所 〒810-0055
福岡市中央区黒門4-43 大濠コーポラス1階 【地図
TEL 092-737-7057(ベビーシッター)
092-738-3550(アトリエ、おもちゃ)
FAX 092-737-7057
社名 全国保育サービス協会 正会員
(有)アリスチャイルドケアサービス
和久洋三のわくわく創造アトリエ
童具専門店・わくわくショップ
※絵本コーナーもあります
住所 福岡市中央区黒門4-43 大濠コーポラス1階 【地図
TEL 092-737-7057(ベビーシッター)
092-738-3550(アトリエ、おもちゃ)
FAX 092-737-7057
 

有限会社アリスチャイルドケアサービス 専務取締役 隈本ヒサ

img

「世の中のお母さまの子育てへの悩みが少しでも解消できるように…」という気持ちから、(有)アリスチャイルドケアサービスを立ち上げました。以前、絵本の訪問販売を行っていた経験から、絵本と童具を保育の2本の柱に掲げ、早25年以上が経ちました。今では、蔵書も数千冊にのぼります。

わくわく創造アトリエ創設者・和久創造共育普及協会会長 和久洋三

img

教育界では、子どもの集中力や注意力がないのは当然だと思われてきました。そのために子どもを指導者側にひきつける様々な「指導」方法があみだされてきました。結果として、いつも大人の意志が優先され、子どもたちの自発性→自主性→主体性が失われてきました。

しかし、「わくわく創造アトリエ」で遊ぶ子どもに心配は全くありません。

人間が幼い時から持っている創造欲求を満たす環境をつくれば、1時間でも2時間でも子どもは遊びに集中します。仲間との協調性も、モノを大切に扱う心も、自発性も、注意力も、創造力も、自然に育っていきます。

そんな子どもたちをアトリエ活動で私は知りました。そこで母親の誰もが口にする「子どもにこんな力があるとは思ってもみなかった」。どうぞこの「わくわく創造アトリエ」で子どもたちの底知れぬ可能性を発見してほしいのです。 子ども観も教育観も一変するに違いありません。

>>童具館のホームページへ

和久創造共育普及協会会長 和久洋三 略歴

1942年 東京に生まれる 
1966年 東京芸術大学美術学部卒
1968年 同大学院修了後、民間企業で遊具開発を担当
1970年 保育園で2年間の保父体験
1972年 全国数十ヵ所で個展及び各種催事展を開催
国際フォルム展(ドイツ入賞)
1982年 ドイツで優良玩具「SPIEL GUT」に選定される
スペインのセビリア郊外で童具の創作と研究に専念(1年6ヶ月)
1988年 エッセイ「童具 遊ぶこころ」朝日新聞日曜版に2年間連載
1989年 童具館設立。
「わくわく創造アトリエ」を開設し、本格的に子どもの創造教育に取り組み始める
1990年 「童具 遊ぶこころ展」と「和久洋三の童具展」
(朝日新聞社主催)東急百貨店で開催
1995年 文部省「幼稚園の園具・教育の整備等に関する調査研究協力者」委員
NHK教育テレビ「すくすく赤ちゃん」に出演(1997年まで)
2004年 東北芸術工科大学客員教授
現在 童具館館長 童具開発研究所WAKU所長 東京芸術大学非常勤講師
愛知県立芸術大学非常勤講師 草苑保育専門学校非常勤講師
日本保育学会会員 ペスタロッチ・フレーベル学会会員
人形玩具学会委員 日本おもちゃ会議顧問

主な著書・編著・著述

  • 「子どもの目が輝くとき」玉川大学出版部
  • 「おもちゃの文化史」監訳・玉川大学出版部
  • 「童具デザイナーのスペイン」玉川大学出版部
  • 平凡社、ブリタニカ社「大百科事典」玩具の項執筆

小・中・高校教科書執筆・掲載など他著書多数

TOPへもどる